【2024年6月から】CFPの受験料・受験地区が変わります!

CFP・FP1級
スポンサーリンク

こんばんは!FP勉強ラボのゆうです。
日本FP協会のホームページに、2024年6月試験からのCFP資格審査試験の変更点が掲載されましたね。
今回は、2024年6月からのCFP資格審査試験の変更点についてまとめます。

★この記事でわかること★
CFP資格審査試験の受験料変更について
CFP資格審査試験の受験地がどこに増設するか
そのほかの変更点

スポンサーリンク

2024年6月試験から受験料が1課目6,600円に

CFP資格審査試験は、例年6月と11月の年2回実施されています。
2024年6月の試験より、受験料が変更になるとアナウンスされました。
具体的には、1課目の受験料が5,500円から6,600円に変わります(1,100円値上がり)。

高くなるのは、ちょっといやだな・・・!

ただし、いいこともあるんです!

3課目以上同時受験する場合は現行よりも割安に

1課目だけの受験料は、1,100円高くなりますが、2課目以上同時受験する場合の受験料は、
4,400円から3,300円に値下がりします。

1~6課目までの受験料を表にまとめると以下のようになります。

課目数現行(2023年11月試験)2024年6月試験以降増減
1課目5,500 円6,600 円+1,100 円
2課目9,900 円9,900 円±0 円
3課目14,300 円13,200 円△1,100 円
4課目18,700 円16,500 円△2,200 円
5課目23,100 円19,800 円△3,300 円
6課目27,500 円23,100 円△4,400 円

6課目一括受験は、勉強量を考えるとなかなか難しいですが、
複数課目を一緒に受験できると受験料が安く済むかもしれませんね。
自分にとって効率のいい勉強を考えてみましょう。

CFP試験の受験地が8地区増設

2024年6月試験よりCFP資格審査試験の受験地が増設されることも発表されました。

増設されるのは、水戸、埼玉、千葉、富山、松本、松江、岡山、松山の8地区です。

現行は、札幌、仙台、宇都宮、東京、神奈川、新潟、金沢、静岡、名古屋、京都、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇の16地区です。

CFP資格審査試験の受験地の地図表示

東北地区と九州地区には受験地の追加がありませんでした。

受験料の支払い方法から銀行振込が削除

受験料の変更と受験地の追加とあわせて、インターネットで受験申し込みをした場合の受験料の支払い方法から銀行振込がなくなります。

2024年6月試験の申込みから、インターネットで受験申込をした場合の受験料の支払い方法は、
コンビニ支払いとクレジットカードでの支払いのみになります。

まとめ

今回は、2024年6月からのCFP資格審査試験の変更点についてまとめました。
あらためると

  • 1課目の受験料が5,500円から6,600円に値上がりする。
  • 2課目以上同時受験する場合の受験料は4,400円から3,300円に値下がりする。
  • 受験地が8地区追加され、16地区から24地区に増える。
  • インターネットで受験申し込みをした場合の受験料の支払い方法から、銀行振込がなくなる。

次回の11月試験までは現行のままですが、その次の試験からは変更になりますので注意しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。押してもらえると嬉しいです^^

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました